インプラント治療の流れ

インプラント治療にはさまざまな方法があり、お口の状態によって治療にかかる期間、埋め込むインプラントの種類などが異なります。
自分に合った治療方法を担当医師と相談することが大切です。


カウンセリング


インプラント治療の説明、その他の治療法との比較を、納得いくまでご説明します。


診査・診断


お口の中の検査をし、レントゲン写真、口腔内写真を撮ります。
CTを撮り、骨の状態を詳しく調べます。
必要であれば採血を行います。
インプラントを最適な場所へ埋めるため、コンピュータでシミュレーションを行います。


手術にあたっての前処理


口腔内のメンテナンス(虫歯、歯周病の治療)
埋入にあたっての骨が不足している場合は、骨造成する手術が必要になります。


1次手術(インプラントの埋入)


骨にインプラントを入れる手術を行います
骨にインプラントがしっかり固定されるまで、3ヶ月(下顎)~6ヶ月(上顎)待ちます。


2次手術


固定されたのを確認したら歯の頭の部分をつけます。
かぶせ物の型をとります。
かぶせ物をつけて完成です。


メンテナンス


1カ月後、3カ月後、6カ月後に検診をしていただきます。