インプラントについて

インプラントは第2の永久歯です
虫歯や歯周病、事故など様々な要因で、人は歯を失います。1本だけ失う場合もあれば、並んだ何本かを失う場合もあります。従来、失った歯を補うこれまでの治療法は、ブリッジや差し歯、総入れ歯などの治療が施されます。ただ、これらの方法は「はずれる」「固いものが食べられない」といった問題があり、また、残っている歯や顎に大きな負担を求めるものでした。
これに対してインプラントは天然の歯と同様に、顎の骨に直接支えられます。このため残された組織にやさしい治療法なのです。

前歯を1本失った場合

前歯のインプラント
従来では両隣りの歯を削って支えにしてブリッジという方法がとられていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみに行うことにより、自分の歯と見分けがつきにくく、美しさをとり戻すことができます。

奥歯を失った場合

奥歯のインプラント
こらまでの取りはずし式の入れ歯では、ガタつきや違和感がありました。インプラントなら、取りはずす必要がなく、自分の歯のように噛むことができます。

すべての歯を失った場合

総インプラント
すべての歯を失った場合でも、インプラントなら、自分の歯のような機能を回復することができますので、安心して食事ができます。
総インプラント
顎が細くやせてしまった人の総入れ歯は、どうしても安定しません。入れ歯の支えにインプラントを使えば、心理的なストレスから解放されます。